板ダンボールの紙器 チップボール

板ダンボールの中でも、強度があり固いのがチップボールと呼ばれるものです。
表面を外装紙で上貼りをすることが多いため、主に古紙を主原料として作られています。
色ボールとも呼ばれていますが、茶色の板ダンボールのままの色か染料で着色したもので、機械などを入れる箱に使われることが多いです。
また、普段は、ブックケース、洋服の箱、紙のおもちゃ等に使われることが多いものです。
丈夫さだけが欲しい時、着色をしてしまうので、ライナーの美しさを求めない場合に、使用されるものです。
芯紙・巻き芯・梱包材料・あて紙などに使われ、厚さもいろいろありますから用途は広いです。
使い方は、バリエーションが豊富です。
安価ですから、手軽に購入できます。