板ダンボールの利用 紙管原紙の存在

板ダンボールの活躍の場としては、縁の下の力持ち的な存在の顔があります。
それは、紙管と呼ばれるもので、板ダンボール原紙を何層にも貼りあわせて、筒状に加工したものです。
ほとんどが古紙でできているもので、紙やテーブ、糸などの巻芯のそのまま紙の筒として使われます。
改めて目にすることはないですが、キッチンのアルミ箔やラッブの芯、トイレットペーパーの芯など、毎日の生活にはなくてはならないモノです。
実は、おなじみのものということです。
工業用に関しては、多彩な形に加工されて、活躍の舞台はたくさんあります。
丈夫で加工しやすいのが特徴で、使い終わったら、紙としてリサイクルをすることができ、地球にも優しいものです。